Pocket WiFi

やっと見つけた!田舎でも安心して使えるポケットWiFi!

投稿日:2018-07-01 更新日:

やっと見つけた!田舎でも安心して使えるポケットWiFi!

電波の入りづらい田舎だと、ポケットWiFiは使えないの?
人の住んでいる地域なら、99%使えるポケットWiFiもあるよ!

光回線も通ってないし、ADSLも終わっちゃった…田舎ではインターネットを楽しめないの?

でも、都市部ばかりに基地局や設備が集中しているのがインターネット回線。田舎や離島で光回線が利用できたとしてもめちゃくちゃ遅いんです。

  • 田舎の光回線の最大速度は200Mbpsの地域がほとんど
  • 都市部の光回線の最大速度は1.000Mbps(1Gbps)

速度が1/5なら料金も1/5に…なんてならないこんな世の中。インターネットを楽しめる速度もだせないのに、料金は都市部とまったく一緒。これには納得できない人も多いでしょう。

地方や郊外などに光ファイバーを通しても契約者が集まるかわからないので、通信会社は利益最優先。光回線のユーザーが増えすぎてパンク寸前の都市部を中心に、設備の増強を進めてるんです。

そこで今回は光回線が使えない地域にお住いの読者さんのために、郊外でも使えるポケットWiFiを紹介します。田舎だからといってインターネットを楽しむことを諦めないでくださいね!

都会でも田舎でも一番のオススメはWiMAX!今回はそんなワイマックスの電波も入らない方へどのポケットWiFiを選ぶべきかをご案内します

NEXT mobile

田舎でも関係ない!どこでも使えるポケットWiFi!

田舎でも関係ない!どこでも使えるポケットWiFi!

スマホの電波も入りづらい田舎だけど、どこのポケットWiFiなら使えるの?
ポケットWiFiの電波の種類で使える地域もかわってくるんだ…

田舎や山奥などの郊外でも使いやすいように、開通工事が必要ないモバイル回線は大きく分けて5種類。

  1. docomoのスマホと同じ回線を利用するWiFiルーター
  2. auスマホと同じ回線を利用するWiFiルーター
  3. Softbankスマホと同じ回線を利用するWiFiルーター
  4. 旧ウィルコムとSoftbank回線を利用するY!mobile
  5. 専用のワイマックス回線を利用するWiMAX

モバイル回線は無線で使えるネット回線。自宅でも屋外でもWiFiでつながるので、開通工事や工事の費用(18.000~25.000円)も必要ありません。

この5種類の中で頭一つ飛び出しているのがau系列会社UQコミュニケーションズのWiMAX。CMでもおなじみ日本人の4人に1人が使っている大人気のポケットWiFiなんです。

元々ワイマックスは光回線の利用できない田舎など、郊外で利用するために開始されたサービス。毎月3.411円でインターネットをたっぷり楽しめるコスパ最強のモバイル回線。離島や田舎で利用するなら間違いなく最適なポケットWiFiでしょう。

「でもうちの地域はWiMAXの電波も入らんわ!」

せっかく契約したのに使いものにならなかった…そんなことが無いように田舎でも使えるポケットWi-Fiの選び方を詳しく確認してみましょう。

田舎で使うポケットWi-Fiの選び方
  • 固定回線代わりなら使えるデータ量を考えて
  • 一番大事なのは田舎でも使えるエリアの広さ
  • 契約前に利用できるか、エリア確認をしよう

固定回線代わりなら使えるデータ量を考えて

ポケットWi-Fi 使い放題プラン 利用料金
ドコモ 使い放題プランなし 8,300円(30GB)
Softbank あり 4.880円
Y!mobile 一部地域だけあり 4,729円
au あり 4.880円
WiMAX あり 3.411円

映画を1時間見ると2GB。音楽を1時間ストリーミング再生すると1GB消費。ポケットWiFiを自宅で使うなら、各社で用意されている5GBや7GBのプランでは物足りないと思いませんか?

さらにドコモのスマホやWi-Fiルーターは使い放題プランがないので30GBで8,300円…この金額を出すと最安値のWiMAXが2台使えてお釣りまでもらえるんです。

プロジェクターで壁一面にネット動画を映して、ド迫力の大画面で楽しんだり。今流行りのスマートスピーカーでお気に入りの音楽をストリーミング再生したり。

「どうせ自宅に回線を引くなら、残りのギガ数を気にせずにたっぷり使いたいな…」

あなたがそう思うなら、使い放題プランのあるポケットWiFiを選べば後悔することはありません。

一番大事なのは田舎でも使えるエリアの広さ

ポケットWi-Fi 使い放題プランのエリアの広さ 利用料金
ドコモ 使い放題プランなし 8,300円(30GB)
Softbank 広い 4.880円
Y!mobile 狭い 4,729円
au 広い 4.880円
WiMAX 広い 3.411円

どんなにたっぷり使えても圏外だったら意味がない!

携帯通信会社のWi-Fiルーターは料金が高い代わりに、スマートフォンと同じ広範囲なエリアで使えるのが魅力的。専用のワイマックス回線を唯一日本で使えるWiMAXの基地局もドンドン増えてます。

でもソフトバンクグループY!mobileのポケットWiFiには要注意!ワイモバイルは月々のデータ量に制限のある定量プランと使い放題プランで、使えるエリアが違うことはあまり知られてません。

一番大事なのは田舎でも使えるエリアの広さ

  • ピンク色+青色が毎月7GBまで利用できるエリア
  • 青色が使い放題プラン(アドバンスオプション)対応エリア

Y!mobileの使い放題プランに対応しているエリアは狭く、一部の限られた地域でしか利用できません。大容量のデータをポケットWiFiで送受信しても、スマートフォンユーザーに影響がでないように制限されてるんです。

10年ほど前にKDDIグループのUQコミュニケーションズとWiMAX回線の使用権を争ったSoftbank。UQに負けたので旧ウィルコムと自社回線を使うしか方法が無く、このような残念な状況に。

Y!mobile使い放題プランのエリア

  • ピンク色が毎月7GBまでしか利用できない4GLTEのエリア
  • 青色が使い放題プラン(アドバンスオプション)AXGP対応エリア
青色のエリアってスゴク狭くない?
ソフトバンクの使い放題プラン(アドバンスオプション)は、使える場所が限られてるんだ…

Y!mobileのポケットWiFiは人口カバー率99%なんて言われてるけど、その広いエリアで使えるのは毎月たったの7GBまで。全国的に見ても人口の集中している都市部だけの話なんです。

Y!mobileの使い放題プランが利用できるのは、旧ウィルコムの使ってたAXGPが張りめぐらされた地域だけ。エリア外ではアドバンスオプションの684円を払っても全く意味がありません。

あなたがたっぷりインターネットを使いたいなら3.411円で制限なく日本全国で使えるWiMAX。ワイマックスのエリア外なら3.696円支払って毎月7GBまでのY!mobileのポケットWiFiを使うしかありません。

Softbankのスマホと同じエリアで使えるポケットWiFiのNEXTmobileから意味の分からないほどお得なプランが発表されました。

20GBも使えて2.760円。大容量の50GBでもなんと4.880円と携帯通信会社の半額以下で2倍のデータ量。つまり4倍もお得!WiMAXエリア外の方は見逃さないでくださいね!

ポケットWiFiを利用できるのか、契約前にエリア確認!

ポケットWiFiを利用できるのか、契約前にエリア確認!

圏内ならWiMAX。ワイマックス圏外ならNEXTmobileを使えば良いんだね!
どっちも利用前に本当に使えるのかエリアを確認すると安心だよ!

実際に利用してみるまでエリア内なのか知る方法がないY!mobile。ソフトバンクのスマートフォンが使える場所なら、3.696円で毎月7GBまでインターネットにつなぐことができるけど…

「3.696円も支払うのに、毎月7GBしか使えないなんて…」

レンタルビデオやCD店が近所にない田舎でも、ネット動画に音楽にそしてゲームが気軽に楽しめる便利な時代になりました。だからこそ残りデータ量を気にせずに、たっぷりネットを楽しみたい!

そんなあなたには、3.411円で毎月制限を気にせずインターネットをたっぷり使えるWiMAXがオススメ!

本当に利用できるのか、契約前にエリア確認をしよう!

利用場所の住所を入力するだけで、ピンポイントで「◯△×」でエリア判定してくれるんです。郊外でスマートフォンの電波が悪いような場所でもWiMAXの電波は別物なのでしっかり入ることもあるでしょう。

契約するまで本当に使えるかわからないY!mobileと比べると、わたしたちユーザーには嬉しいサービスですね!

[WiMAXエリア判定]http://gmobb.jp/wimax/area/

ピンポイントエリア判定が◯

ピンポイントエリア判定

おめでとうございます!ピンポイントエリア判定が◯ならWiMAXを利用してインターネットがたっぷり楽しめます!

ピンポイントエリア判定が△又は×

WiMAXの電波は速いスピードでまっすぐ進んでいくので、ピンポイントエリア判定が△、×でも電波の届く可能性が…

でも長年WiMAXのサイトを運営しているわたしの意見としては、×はもちろん△でも契約をオススメできません。

ドンドン高速化が進んでいる都市部など人の多いところばかりアンテナを広げているWiMAX。田舎でも使えるように作業を進めているんだけど、どうしても後回しにされてる感じがするのはわたしだけでしょうか?

WiMAXは2020年までに光回線と同じ速度1Gbpsまで上がる予定。その速度に到達したら今度は地方でも都市部と同じように使えるようになっていくでしょう。

「そんなに待てないよ!」

残念ながらWiMAXを使って日本全国どこでもインターネットをたっぷり使えるのは、まだまだ先の話。後回しにされたわたしたちユーザーは、毎月3.411円で使い放題のネットを諦めて7GBに3.696円支払うしかありません。

WiMAXのピンポイントエリア判定が△又は×の方は、毎月2.760円で20GB。4.880円支払えば50GBも使えるNEXTmobileがオススメ。Y!mobileの7GBよりも安い料金でこんなに使えるネット回線がでてきたんです。

NEXTmobileは使い放題のポケットWiFiではありません。大容量のデータ量をソフトバンクのスマートフォンと同じエリアで利用できるので、狭すぎるAXGPのエリアなんて気にしなくて大丈夫なんです。

WiMAXの電波が入らない郊外の方は必見!今だけポケットWiFiルーター代金無料キャンペーンも開催しているので、このチャンスを見逃さないでくださいね!

まとめ

今回は光回線が使えない地域にお住いの読者さんのために、郊外でも使えるポケットWiFiを紹介しましたがどうでしたか?

ポケットWiFiは田舎でも使える!
  • まずはWiMAXの公式サイトからピンポイントエリア判定
  • エリア内なら格安でたっぷり使えるWiMAXがオススメ!
  • エリア外ならどこよりも安い料金で大容量のNEXTmobile

もともとWiMAXは光回線の使えない地域のために開発されたネット回線。離島や郊外でもインターネットを楽しめるように用意された物なんです。

とは言っても無線のポケットWiFiなので、周りの建物の影響をうけて電波が弱くなることもあるでしょう。WiMAXを申し込む前にピンポイントエリア判定で本当に使えるのかしっかりと確認してくださいね!

もしピンポイントエリアが残念な結果なら、NEXTmobileを頼りましょう!WiMAXのように残りデータ量を気にせずには使えないけど、全国どこでも使えるスマートフォンの電波を使って音楽に動画にゲームにたっぷり楽しめるんです。

田舎だからインターネットを使えない!なんて諦めないで今回の記事を参考に音楽に動画にオンラインゲームを楽しんでくださいね!

WiMAXの電波さえも入らない!そんなあなたはNEXTmobile。ソフトバンクのスマホと同じ幅広いエリアで使えるので、田舎だから使えないなんてこともありません。

今なら20.000円の本体代金初期費用も無料。WiMAXが圏外の方はこのチャンスを見逃さないでくださいね!

上記内容が「やっと見つけた!田舎でも安心して使えるポケットWiFi!」です。最後までご覧いただきありがとうございました!

続いて読まれてる記事

Re:kako

某家電店のフロアマネージャーとして日々働いてます。利益の為に売りたくも無い商品を売るジレンマから、本当にオススメできる通信回線だけを紹介するこのサイトを開設しました。自己紹介とサイト説明はこちらからどうぞ

-Pocket WiFi

執筆者:

サイト紹介&プロフィール
2018年最強ホームルーター!HOMEL01s 皆から選ばれる魅力を徹底解説
自宅でも屋外でもWiMAXを使うなら売り上げ&人気NO.1 W05の魅力!
プロバイダ&ルーターの選び方