WiMAXのメリット

ポケットWiFiの比較をあきらめたくないあなたが最後に読むべき記事。

投稿日:2017-05-30 更新日:

ポケットWiFiの比較をあきらめたくないあなたが最後に読むべき記事。

ポケットWiFiの種類が多すぎて、どれを選んだら良いの?
いっぱい種類がありすぎて、良く分からないよね!

どのポケットWiFiを選べば良いのか悩んでませんか?6つの会社がポケットWiFiのサービスを提供してるけど、各社に色々な特徴があって迷ってしまうでしょう。オススメは間違いなく当サイトテーマのWiMAX。

でも、今回はそれぞれのポケットWiFiの特徴&サービス内容を徹底比較した内容をお伝えします。モバイル回線選びに悩んでる方はじっくりご覧ください。

※Pocket WiFi・ポケットWiFiはワイモバイルの登録商標。ですが広くモバイル回線のことを呼んでいることも多いので、今回は持ち歩きできるモバイルWiFiルーターをポケットWiFiと呼ばせてもらいます。

徹底比較!ポケットWiFiでどれが一番オススメなのか

徹底比較!ポケットWiFiでどれが一番オススメなのか

ポケットWiFi選びに重要なポイントは5つ!
重要な5つのポイント
  • 初期費用(端末代金)はいくら必要か
  • 利用できるデータ量はどのくらいか
  • 通信制限を受けた後も快適に利用できるか
  • 利用料金はいくら必要なのか
  • 契約期間はどのくらい?

この5つのポイントから一番オススメなポケットWiFiはWiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT W04です。

  最新端末 端末代金 データ量上限 通信制限後の速度 利用料金 契約期間
docomo

Wi-Fi STATION N-01J

Wi-Fi STATION N-01J 19.440円 5GB 128kbps 6.900円 2年間
20GB 128kbps 8.000円
スマモバ

F FS030W

F FS030W 18.000円

500円×36ヵ月払い

上限無し 3GB/3日

128kbps

3.480円  2年間。端末は3年払い
Broad WiMAX

月額割引

Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05 0円 7GBorギガ放題プランで上限無し 通常プランは128kbps

ギガ放題プランは10GB/3日以上で1000kbps

2.726円 2~3年間
2.726円~
GMOとくとくBB

キャッシュバック

Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05 0円 3.609円
3.609円~
UQ WiMAX

Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05 2.800円 3.696円
3.696円~
au 

Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05 0円 4,380円 
Softbank

Airターミナル

 Airターミナル 58,320円

1,404円×36ヵ月割引

上限無し  混雑する時間帯  3.996円 3年間
Y!mobile

Pocket WiFi 603HW

Y!mobile 62.208円

1,728円×36ヵ月払い

7GB 128Kbps 4,531円 3年間
上限無し 10GB/3日1000Kbps 5.269円

CMでお馴染みのUQ WiMAXは端末代金が必要で、大きな新規契約特典はありません。(ネットのキャンペーンページから申し込むと最大10.000円の商品券)

UQの販売代理店のBroad WiMAXなら2000円台からポケットWiFiの利用を始めることができるんです。GMOとくとくBBのキャンペーンなら契約するだけで、30000円以上のキャッシュバックがもらえます。

ポケットWiFi選びで重要な5つのポイントの詳細は以下よりご覧ください!

初期費用(端末代金)はいくら必要か

端末の性能はほとんど変わらないのに、初期費用が高額なポケットWiFiの販売店も!

ドコモのスマホは性能が良い。Softbankは壊れやすい。なんてこともあった各社の端末事情も、今では性能差がなくなったと思いませんか?

ポケットWiFiも同じ状況で各社横並び。以前まではWiMAX端末の性能が飛びぬけて良かったのに、どこも似たようなスペックになってきたんです。でも一見無料に見えるポケットWiFiの端末代金も

  • 月々の利用料金に含まれている
  • 月々同額の割引が行われている

本当に紛らわしいいので、この販売方法は本当に辞めてほしい。実は完全に端末代金が無料なのはWiMAXだけなんです。

WiMAX以外のポケットWiFiは契約更新前に解約すると、割引のなくなった端末代金の残りを一括で支払わなければいけません。引越しや端末の紛失で解約したくても、できない状況は避けたいと思いませんか?

利用できるデータ量はどのくらいか

せっかくネット回線を用意するんだから、たっぷり使いたいと思いませんか?

各社のポケットWiFiのプランは、基本的に二つのプランが用意されているんです。

  • 5GB・7GBなど月々の使えるデータ通信量が決まっているプラン
  • 月間のデータ通信量に決まりのないたっぷり使える使い放題プラン

月間7GBなどのプランは割高になり規定のデータ通信量を使い終わると、スマホの制限後と同じ速度まで通信速度が下がるんです。あなたがたっぷりネットに接続したいなら無制限プランを選びましょう。

利用できるデータ量はどのくらいか

ポケットWiFiを比較するときは、あなたが月に7GB以上利用するか/どこの会社の無制限プランが使いやすいのかの2点を確認しましょう。

月間で7GBまでしか利用しないライトユーザーなら、Broad WiMAXのワイマックスが2.726円と最安値。他の販売店よりも1.000~2.000円以上安いのは、見逃せないところです。

たっぷりネットを使うなら、ドコモとSoftbank以外のポケットWiFi。各社には無制限プランが用意されているので、高額な通信量や通信制限に悩まされることもありません。

通信制限を受けた後も快適に利用できるか

ポケットWiFiもスマホのように使い過ぎ防止のために通信制限が…実は各社で制限内容が全く違うんです!

見た目では使えるデータ量が多く見えても、通信制限を受けると使い物にならないレベルまで速度が落ちてしまうポケットWiFiも。契約した後に気付いても遅いので、後悔しないようにしっかり確認しなくてはいけません。

メールの送受信やWebサイトの閲覧、動画の視聴に必要な速度は1Mbps。制限後にこの速度を維持できるポケットWiFiのサービスを選べば、スマホの制限後のようにストレスを感じることもなくなります。

YouTubeを見れる通信速度
低画質動画(360p) 約0.5Mbps
中画質動画(480p) 約1.0Mbps

利用料金はいくら必要なのか

ポケットWiFiを利用するのに、本当に必要な金額を確認しましょう。

表示されている月々の利用料金に端末代金が加算されたり、オプション代金としてサービス料(ヤフー基本サービスなど)料金が必要だったりする場合があります。

「安いと思って契約したのに意味のわからないオプションの分が加算されて、月々の支払いが10.000円超え…」

月々3.000円で光回線が使い放題!なんて嘘にだまされて契約したのが運のツキ。オプションの光電話に有料テレビに加入させられ気付いてみたら、毎月10.000円近く支払っていた読者さんも。

月々の料金が割り引かれる光回線のキャンペーンは、オプションを外してしまうと違約金を支払うか月々の利用料金が大幅に上がるかことを我慢するかの二択を迫られるんです。

ポケットWiFiには今のところこんな悪質なキャンペーンはありません。(Softbank系列以外)でも実際に必要な金額は事前にしっかり確認しましょう。

また初期費用の欄でお伝えしたように、契約更新月以外に解約すると違約金が必要になることも。しっかりとサイトに表示はされてるけど、文字が小さかったり目立たない場所に書かれていたりするのでこれも注意が必要です。(主にSoftbank)

契約期間はどのくらい?

現時点で一番オススメのポケットWiFiは間違いなくWiMAX。でも正直な話来年にはどうなっているか分かりません!

WiMAXは現在2480万人が利用しているポケットWiFiの最大手。日本人の五人に一人選んでいる理由は、他社よりも性能が良いのに利用料金がリーズナブルだからでしょう。

WiMAXの利用料金が一番安い理由は、サービスを提供するUQコミュニケーションズが他社ポケットWiFiのように独占販売していないから。

UQコミュニケーションズ+30社以上のUQの販売代理店が、料金やサービス内容を他社よりも良い物にしようと競い合っているんです。

でも2019年にはもっと良いサービスが出てくるかもしれません。ポケットWiFiを効率的に利用するには契約更新のときに一度解約し、新規契約特典を利用して他の販売店に乗り換えること。

少し面倒なことと思うかもしれません。でも乗り換えをすると、ポケットWiFiの利用料金を毎年1万円以上下げることができるんです。

乗り換えのサイクルは4年よりも3年、3年よりも2年。このサイクルを短くした方がそれだけ節約できるので、3年契約の販売店は避けた方が賢明だとは思いませんか?

通信できるエリアの差は?

これは高性能なLTE回線を利用できるドコモが有利!

ポケットWiFiは全て各携帯通信会社がサービスを提供しているので、スマホと同じように広範囲なエリアでデータ通信できるんです。

ワイマックスは専用のWiMAX2+回線の他にau4GLTE回線を利用できるけど、月々1.004~1.005円の利用料金が必要。無料にするには「auユーザーが申し込む」「3年契約でも申し込む」などの条件があるんです。

WiMAX2+回線は高速通信ができる代わりに、地下や鉄筋コンクリート造りの建物の中では電波が弱くなる弱点が…地下街で働いてる方などには、高性能なLTE回線を利用できるドコモが通信エリアで有利です!

上記の内容から選ぶべきポケットWiFiは?

利用できるエリア以外の全ての面で一番優れているのはWiMAX!
  • WiMAXサービスを提供してるUQ以外の販売代理店は端末代金が0円
  • 無制限プランがあるのはY!mobile・WiMAX・スマモバだけ
  • 制限後に速度が保たれるのはY!mobile・WiMAXだけ
  • 販売代理店のGMOとくとくBBを選べばポケットWifiを契約するだけで30.000円以上のキャッシュバック
  • Broad WiMAXの料金割引キャンペーンで契約すれば最安値の2.726円
  • 契約期間が短いのは2年契約のWiMAX
  • 利用できるエリアが広いのはドコモ
でも利用できるエリアが広いのはドコモなんでしょ?エリアはやっぱり気になるな…
そうだね!でもドコモもWiMAXも実際に使ってみないと速度や電波状況は分からないんだよね!

ポケットWiFiの利用を始めるならWiMAXを選ぶのが最良の選択と思いませんか?あなたの自宅や学校などの利用場所で、快適に利用できるかは使ってみるまで分かりません。

ポケットWiFiはクーリングオフ制度の対象外。なので、使えなかったからと言って返品することはできません。でも初期契約解除制度に対応しているので、8日以内に連絡を入れて返品をすれば違約金なしで解約できるんです。

しかもWiMAXなら初めての利用でも安心できるように、さらに長めの試用期間も付いてくるんです。

お試し期間が最長20日間

無料キャンセル 条件

WiMAXの販売店で、お試し期間が一番長いのはGMOとくとくBBの最長20日間!

あなたがWiMAXの利用を検討しているなら、上記の無料キャンセル期間を使って試用するのがオススメ。快適に利用できたなら追加の手続きなんて必要ありません。そのまま利用しましょう。

どこでも持ち歩けるのがメリットのモバイル回線。なので無料期間が長いと色々な場所で試用できて、わたしたちユーザーとしては嬉しいサービスですね!

徹底比較!ポケットWiFiの端末ver.

  最新端末 端末代金 発売日 下り最大通信速度 連続通信時間
 

docomo

Wi-Fi STATION N-01J

Wi-Fi STATION N-01J 19.440円 2017/3/9 682Mbps 11時間
スマモバ

F FS030W

F FS030W 18.000円

 

2016/12/22 225Mbps 20時間
GMOとくとくBB

Speed Wi-Fi NEXT W05

Speed Wi-Fi NEXT W05 0円 2018/1/19 558Mbps~758Mbps 10.5時間
Softbank

Airターミナル

 Airターミナル 58,320円

 

2017/1/7 350Mbps バッテリーなし
Y!mobile

Pocket WiFi 603HW

Y!mobile 62.208円

 

2017/2/16 612Mbps 8.5時間

最新端末の大きな性能差は?

ポケットWiFiは上記内容のように、性能差がほとんどナシ!

ポケットWiFiの性能は各社でほとんど差がありません。どこのデータ端末もHUAWEI社とNEC社の二社がメインで端末を製造してるからなんです。

SoftbankのAirターミナルシリーズは持ち運びのできない自宅専用のホームルータータイプ。なので、ポケットWiFiとは言えませんが、固定回線のように工事費用や手間が必要ない点がメリット。

WiMAXにもホームルータータイプのHOME L01がありモバイル回線のポケットWiFiより安定した通信ができるので、自宅で気軽に固定回線として利用したい方は一度確認してみても損はないでしょう。

通信速度の性能差は?

通信速度の性能差も、各社ほとんどありません!

スマモバはドコモ回線を利用するポケットWiFi。なので、ドコモよりも利用料金が安くなる代わりに通信速度が他社の1/3程に。安くなったと言っても元の回線の値段が高すぎるので、あまり安くなってないけど…

インターネットを利用するには30Mbps程出ていれば、体感速度で差が分かりません。最大通信速度にこだわる必要もそこまでないでしょう。それよりも制限を受けたときに、どれくらいの速度が出せるかが大事です。

バッテリーの性能差は?

バッテリーの性能差もほとんどありません。ないない尽くし!

スマモバのFS030Wは通信速度が他社の1/3の代わりに、連続通信時間が20時間と長くなっているんです。でも20時間も利用できるタブレットやノートパソコンがないので、あまり意味がない恩恵。

PCと一緒に利用するならUSBに接続すれば充電しながらネットにつなげるポケットWiFi。連続通信時間を外出先で気にする必要はそこまでありません。

ポケットWiFiは充電できないけど、パソコンやタブレットは充電できる!そんな特殊な状況にならない限り8.5時間しか使えないY!mobileでも十分に外出先で利用できるので、電池持ちで端末を選ぶ必要はないでしょう。

結論ポケットWiFiの端末はどれがオススメ?

バッテリーも通信速度の性能差もありません。最新端末の性能の差はほとんどなくなりました。

以前までは端末の通信速度が圧倒的に速かったWiMAXを一番オススメと紹介してました。今ではどこのポケットWiFiの性能もほとんど変わらないほどに上昇してるんです。

ポケットWiFiの性能がほとんど変わらなくなったからこそ、WiMAXの最新機種Speed Wi-Fi NEXT W05をどう思いますか?他社では18.000円~62.208円必要な端末代金が0円です。

本当はSpeed Wi-Fi NEXT W05も20.000円の端末代金が必要です。でも、これがWiMAXの販売代理店の新規契約特典で0円。つまり無料になるんですね。

Speed Wi-Fi NEXT W05の端末代金って本当に0円なの?
BIGLOBEでWiMAXを契約して更新月前に解約すると端末代金を請求されるけど、他の販売店は本当に無料だよ!

BIGLOBEはY!mobileやドコモのように2~3年間の契約期間終了前に解約すると、割引のなくなった端末代金の残りを全額一括請求されるので注意してください。

まとめ

今回はそれぞれのポケットWiFiの特徴とサービス内容を徹底比較した内容をお伝えしましたがどうでしたか?

ポケットWiFiはWiMAXを選ぶ理由
  • ポケットWiFiの初期費用と端末代金が一番安い
  • 無制限に利用できるポケットWiFiの中で制限が一番緩い
  • GMOとくとくBBで契約するだけでキャッシュバックがもらえる
  • Broad WiMAXで契約すれば他社よりも毎月1.020円安い
  • 契約期間が短いので、不要になっても負担が少ない

上記内容がポケットWiFiの中からWiMAXを選ぶ理由です。

公式サイトのUQコミュニケーションズは知名度の高さとサポートの評判の良さから申込み件数NO.1。だけど、どこで申し込んでも同じWiMAX。通信速度や使えるエリアは変わりません。

UQコミュニケーションズよりも月々の通信量料金をさらに節約できるGMOとくとくBBBroad WiMAXも一度確認してみてはどうでしょうか?

GMOとくとくBBを選べば契約するだけで30.000円以上のキャッシュバック。Broad WiMAXを選べば毎月1000円以上の割引があるんです。契約するキャンペーンを選べることもワイマックスのメリットですね!

ワイマックスの詳しい契約方法はWiMAXの契約&利用方法に書いてみたので、どうぞご覧ください!

上記内容が「ポケットWiFiの比較をあきらめたくないあなたが最後に読むべき記事」です。最後までご覧いただきありがとうございました。

続いて読まれてる記事

Re:kako

某家電店のフロアマネージャーとして日々働いてます。利益の為に売りたくも無い商品を売るジレンマから、本当にオススメできる通信回線だけを紹介するこのサイトを開設しました。自己紹介とサイト説明はこちらからどうぞ

-WiMAXのメリット

執筆者:

サイト紹介&プロフィール
2018年最強ホームルーター!HOMEL01s 皆から選ばれる魅力を徹底解説
自宅でも屋外でもWiMAXを使うなら売り上げ&人気NO.1 W05の魅力!
プロバイダ&ルーターの選び方