通信回線比較

ドコモの大容量プラン「ウルトラシェアパック」のメリット&デメリット

投稿日:2018-10-01 更新日:

ドコモの大容量プラン「ウルトラシェアパック」のメリット&デメリット

ドコモのウルトラシェアパックって使い心地はどうなの?
スマートフォンだけで使うなら、ちょっと高いけど便利なサービスだよね!

「日本の携帯代金は高すぎる!」前々から言われていたことなのに、最近ちょくちょくニュースに上がるこの言葉。消費税が上がる分家庭の支出を減らすために、政府のお偉いさんは頑張っているのでしょうか?

でも、通信会社が発表したプランは、パッと見の料金を安く見せるだけ。スマートフォンの本体代金を切り離したプランなら、今よりも安く見えるのは当たり前でしょう。

「新プランでは今使ってるスマートフォンが壊れたら、割引のなくなった定価で新しいスマートフォンを購入しなければいけません。」

割引適用条件がきびしすぎて、全然安くなってないSoftbankウルトラギガモンスター+。5.500円と発表しておきながら実際は料金が跳ねあがるauフラットプラン25Netflixパック

今回はわたしたちユーザーには本当にわかりにくい通信会社のプラン。ドコモのウルトラシェアパックに付いてわかりやすくお伝えします。DoCoMoユーザーの方はじっくりご覧ください。

ウルトラシェアパックのメリット&デメリット

ウルトラシェアパックのメリット&デメリット

家族みんなでギガをわけあえるから、ドコモのウルトラシェアパックってお得そうなのに…
一人だけでなくみんなで使うとしても、ウルトラシェアパックは高すぎるよ!

ウルトラシェアパックの特徴といえば、最大25.000円で100GB使えるところ。複数のスマホやタブレットで使えるとしても、これはちょっと高すぎると思いませんか?

家族四人でウルトラシェアパックをシェアしても1人頭6250円で25GB。さらにシェアオプション月額定額料+スマホ本体代金。そして通話プランの料金まで。

どう考えても高すぎるドコモウルトラシェアパックのメリット&デメリットをもう一度見直してみましょう。

ウルトラシェアパックのメリット

ウルトラシェアパックのメリット
  • スマートフォンだけを持ち歩ける
  • 25GBもあればたっぷり使える?
  • 各種割引サービスが豊富で安く?

ドコモウルトラシェアパックの一番のメリットは、スマートフォンだけを持ち歩けるところ。

100GBも使えるので自宅にWiMAXなどのモバイル回線や光回線を用意する必要もないでしょう。動画や音楽が大好きな家族がいなければ、十分にたりるギガ数です。

  • 自宅のネット回線がドコモ光なら「ドコモ光セット割」
  • ドコモの利用年月が長いと「ずっとドコモ割プラス」
  • クレジットカード「dカードGOLD」でポイント還元

と各種割引が用意されてるドコモ。ずっとdocomoユーザーで他社へ乗り換える(MNP)のも面倒&すでに自宅のネット回線がドコモ光の方は、ウルトラシェアパックを選んでも問題ないでしょう。

ウルトラシェアパックのデメリット

ウルトラシェアパックのデメリット
  • 25000円払って使えるのは100GB
  • テザリングで使い続けてはイケナイ

今どき6000円も支払えば月間のデータ量に上限のない光回線が、3.000円でどこにでも持ち歩けるWiMAXが使えるのに…ウルトラシェアパックは25.000円。4人家族で使ってもあり得ないくらいの高額です。

「100GBもあるからテザリングでパソコンをインターネットに!」

そんな使い方をしてると、スマートフォンの電池があっという間に使えなくなって交換費用に思わぬ支払いが。テザリングを使っているとあなたのスマートフォンが、ドンドン熱くなってきませんか?

スマートフォンは、古くなるほど利用できる時間も短くなりますよね?でもバッテリーの充電を50%以上に保ち15℃以下の環境で使えば、一年後でも新品時の95%の性能を発揮できるんです。

テザリング中の45℃以上の状態でスマートフォンを使い続けると、一年後には1/4~1/2以下の時間しか使えなくなることも。バッテリーの交換には10.000円近くの無駄なお金が必要。

あなたが分割で新しいスマートフォンを購入したばかりなら、テザリングを使うべきではありません。バッテリーの発熱が原因で他の部品まで壊れてしまったら…

たとえ100GB使えても、使うのはスマートフォンだけに。バッテリーが劣化したせいで外出しても1時間で充電しないといけないようなことにならないように、テザリングは緊急時だけにとどめましょう。

わかりづらいウルトラシェアパックの割引サービス

わかりづらいウルトラシェアパックの割引サービス

どうしてスマートフォンの料金ってわかりにくいんだろ?
料金プランだけでなく、割引サービスもわかりにくく作られているよね…

自宅にドコモ光があればドコモ光セット割。ドコモの利用年月が長いとずっとドコモ割プラス。dカードGOLDを持っていればポイント還元。

ウルトラシェアパック 30 50 100
データ量 30GB 50GB 100GB
料金 13.500円 16.000円 25.000円
ドコモ光セット割 -2.500円 -2.900円 -3.000円
ずっとドコモ割プラス 1.440ポイント 2.160ポイント 3.000ポイント
dカードゴールド 1.100ポイント 1.300ポイント 2.200ポイント
各種割引適用後の料金 8.460円 9.640円 16.800円

とある記事に書かれていた割引後の金額は、ウルトラシェアパック30で8.460円。大容量プランの100でも16.800円なんて説明してるけど、この金額では100%利用できません。

ウルトラシェアパックの割引を全て適用させるためには、高額な出費を覚悟しないとダメ。わたしたちユーザーを混乱させるために、わかりにくく作られてる内容を解説します。

ドコモ光セット割の適用条件

光回線を新規で用意するには初期費用で30.000円前後。毎月の料金もオプションなしの契約で5.000円以上。電話や各種サービスを使うなら、それ以上の出費を覚悟しなくてはダメ。

ウルトラシェアパックで割引をうけるために、ドコモ光を用意すると今よりも通信料金が高くなってしまうんです。

自宅にすでに残りギガを気にせずたっぷり使えるドコモ光があるなら、ウルトラシェアパックなんて高いプランを申し込む必要もないでしょう。つまりドコモ光セット割とウルトラシェアパックの相性は最悪なんです。

公式サイトに書かれている「最大3.000円割引!」の条件をみたすには、自宅に5.000円以上するドコモ光回線。ウルトラシェアパックの中でも一番高い25.000円の100GBプランを契約しないとダメなんです。

ずっとドコモ割プラスの適用条件

また「ずっとドコモ割プラス」で3.000ポイント(3.000円分)もらうためには

  • ドコモの携帯やスマートフォン利用年月が15年以上
  • 6ヶ月間のdポイント獲得数が10.000ポイント以上

のどちらかを達成しないといけません。ずっとドコモ割プラスのプラチナステージに上がるために15年以上使い続けるor6ヶ月以内にdポイント加盟店やdケータイ払いで、100万円分支払いをしないとダメ。

もちろんプラチナステージにいても3.000ポイントもらえるのは、ウルトラシェアパック100の契約者だけ。50なら2.160ポイント、30なら1.440ポイントとドンドン落ちていくんです。

プラチナステージの割引を狙うよりも、2年ごとの契約更新月に他社へMNPで乗り換えた方が年間3万円以上お得。ドコモも利益獲得ばかりに走らないで、わたしたちユーザーをもっと大事にして欲しいですね。

dカードゴールドの適用条件

ドコモの「dカードGOLD」。通信代金の最大10%がdポイントになるdocomoユーザーなら、必須のクレジットカードなんです。

でもdカードGOLDは年会費10.800円。さらにスマートフォンの代金の10%をポイントで、そのままもらえるわけではありません。

光セット割や月々サポートの割引後の金額。請求金額の999円以下を切り捨てた金額の10%がポイントの対象になるんです。

普段使っているクレジットカードや年会費の支払いがあるカードをdカードGOLDへ変えれば、大幅な割引につながるでしょう。

忘れちゃいけないシェアオプション代金

最大25.000円と目が飛び出るほど高額なウルトラシェアパック。家族とわけあうならこの料金だけでは使えません。一台につき500円のシェアオプション代金が必要なんです。

もちろんあなたのスマホやタブレットと端末が違う場合も500円のシェアオプション代金が発生。

2人で使うなら25.000円+500円。3人で使うなら+1.000円。4人で使うなら+1.500円とドンドン高額に、無駄なシェアオプション代金を支払わされていくんです。

割引適用後の通信代金

某サイトの記事で掲載されているウルトラシェアパックの料金「こんなに安くなる!」とまるでドコモからお願いされたような内容だけど、完全にステマ記事でしょう。

割引のために必要な費用が一切考慮されていません。実際の料金は

ウルトラシェアパック 30 50 100
データ量 30GB 50GB 100GB
料金 13.500円 16.000円 25.000円
ドコモ光セット割 -2.500円 -2.900円 -3.000円
ドコモ光工事費(12回払) 1.620円 1.620円 1.620円
ドコモ光利用料金 5.200円 5.200円 5.200円
ずっとドコモ割プラス 1.440ポイント 2.160ポイント 3.000ポイント
dカードゴールド 1.100ポイント 1.300ポイント 2.200ポイント
dカードゴールド年会費 900円 900円 900円
各種割引適用後の料金 16.180円 17.360円 28.920円

ドコモ光セット割をうけるためには、ドコモ光の初期工事費として最大18,000円+契約事務手数料3,000円。さらに毎月の利用料金が最大5.200円。

ずっとドコモ割プラスの3.000ポイントをもらうためには15年以上docomoを利用するか、6ヶ月間で10.000ポイント分の利用(1%のポイント付与店舗で100万円分。

dカードゴールドは年会費10.800円。10%ポイントをもらえても9%分はずっとドコモ割プラスのステージ以降条件のポイントとして、評価してもらえません。

各種割引を全て適用させようとすると毎月の支払いは16.180~28.920円以上に。ポイントをもらっても現金化できないので、実際はこれ以上の支払いがまってるんです。

さらに家族みんなでウルトラシェアパックを使うなら、1台に付き500円のシェアオプション代金。ドコモの表記する割引を全部うけようとすると、もとの料金よりも高くなってしまうんです。

ドコモ光工事費の支払いが終わったとしても、毎月の料金が割引前の金額よりも安くなることはありません。光電話などのオプションをつけるとさらに高額になることにも注意が必要ですね!

ウルトラシェアパックは高すぎる!

ウルトラシェアパックは高すぎる!通信費が見なおされている中、ドコモの「ウルトラシェアパック」はお世辞にも損をしないプランと言えません。

家族みんなで利用するのならスマートフォンと光回線を組み合わせ。あなた1人がもっと通信費を安くしたいと思うなら、どこでも持ち運べるモバイル回線のWiMAXを一緒に持ち歩く。

5.200円から使える光回線や2.000円台から使えるWiMAX。ドコモの1GB2,900円で使えるベーシックパックと組み合わせた方が、もっと安い料金でたっぷりネットを楽しめると思いませんか?

家族みんなで利用するならドコモ光と最安プラン!

ウルトラシェアパックは25.000円もするセレブなプラン。高額なくせに使い放題ではなく月間100GBまでと制限をかけられる意味のわからないプランなんです。

家族みんながdocomoのスマートフォンを利用しているなら、自宅にドコモ光を引きましょう。光回線にはスマートフォンのように、月間のデータ量に制限はありません。

ウルトラシェアパック100 ベーシックパック+ドコモ光
データ量 100GB 1GB+制限ナシ
料金 25.000円 2,900円+5.200円
ドコモ光セット割 -100円
ずっとドコモ割プラス 3.000ポイント 240ポイント
割引適用後の実質料金 22.000円 7.760円

毎月のデータプラン料金は1/3になるのに、使えるデータ量は100GBから無制限に。ドコモ光は自宅だけでしか使えないけど、この料金は魅力的ではないでしょうか?

自宅のドコモ光で動画や音楽をスマートフォンにインストールすれば、外出中にギガを消費することもないでしょう。

スマートフォンで何台つないでもドコモ光は追加費用は一切なし。ウルトラシェアパックのように一台につき500円必要なんてこともありません。

しかも、いまなら最大21.000円必要なドコモ光開通工事費を大きく超える最大15.000円キャッシュバック&最大30.000ポインプレゼントキャンペーンも開催中。

家族みんなの通信費を見直すならウルトラシェアパックよりも、ベーシックパックなどの低額プラン+ドコモ光。あなたが損をしないように、新規契約特典のあるうちにドコモ光を申し込んでくださいね!

1人で利用するならドコモ光とWiMAX!

あなた一人がネットを利用するなら、自宅でも屋外でも使えるWiMAX。もちろんワイマックスにもスマートフォンのように、月間のデータ量に制限はありません。

ウルトラシェアパック100 ベーシックパック+WiMAX
データ量 100GB 1GB+制限ナシ
料金 25.000円 2,900円+3.609~4.263円
キャッシュバック 40.000円以上
割引適用後の実質料金 22.000円 6.509~7.163円

毎月のデータプラン料金はドコモ光と組み合わせた7.760円よりも安く6.509~7.163円。なのに自宅だけでなく、通勤中など屋外でも使えるWiMAX。

ギガを節約するために自宅のドコモ光で動画や音楽をスマートフォンにインストールする必要もありません。スマートフォンなどとの接続も同時に10台までOK!

しかも、いまなら最大40.000円以上のキャッシュバックも付いてくるんです。WiMAXはスマートフォンと同じ2年契約できるので、約1年分の料金が無料になるってこと。

スマートフォンと一緒に持ち出すと自宅のネット回線がなくなってしまうのが欠点でしょう。でも一人暮らしの方にはピッタリのWiMAX。低額プランと組み合わせて通信費を安くしてみませんか?

ワイマックスの詳しい申し込み方法はWiMAXの契約&利用方法に書いてみたので、どうぞご覧ください!

まとめ

今回はわたしたちユーザーには本当にわかりにくい通信会社のプラン。ドコモのウルトラシェアパックに付いてわかりやすくお伝えしましたがどうでしたか?

ウルトラシェアパックは、どう考えても高すぎ。月間100GBしか使えないのに料金は25.000円と光回線が5本。WiMAXなら8個+キャッシュバックが24万円くらいもらえる金額。

公式サイトで記載されている割引を適用させようとすると、無駄な出費が必要な点も意味がわかりません。使えるギガの少ない低額プランに変更し

  • 家族みんなのスマートフォン代金を安くさせるならドコモ光と併用
  • あなた一人で自宅でも屋外でもネットをたっぷり使うならWiMAX

100GBしか使えないウルトラシェアパックで25.000円も支払うよりも、通信料金をグッと節約できるでしょう。

家族みんなでどこでも使えるWiMAXを一台ずつ持つなんて荒業もあるけど、オススメは自宅での利用人数が多いならドコモ光。屋外でもたっぷり使うならWiMAX。

高すぎるスマートフォン代金を支払って損をしないように、あなたの利用方法にあった回線と低額プランを組み合わせてはどうでしょうか?

上記内容が【ドコモの大容量プラン「ウルトラシェアパック」のメリット&デメリット】です。最後までご覧いただきありがとうございました!

Re:kako

某家電店のフロアマネージャーとして日々働いてます。利益の為に売りたくも無い商品を売るジレンマから、本当にオススメできる通信回線だけを紹介するこのサイトを開設しました。自己紹介とサイト説明はこちらからどうぞ

-通信回線比較

執筆者:

サイト紹介&プロフィール
2018年最強ホームルーター!HOMEL01s 皆から選ばれる魅力を徹底解説
自宅でも屋外でもWiMAXを使うなら売り上げ&人気NO.1 W05の魅力!
プロバイダ&ルーターの選び方