通信回線比較

光回線が引けない。工事できない自宅はネットが使えないという絶望。

投稿日:2017-09-03 更新日:

光回線が引けない。工事できない自宅はネットが使えないという絶望

ねえインターネットの開通工事を頼んだら、光回線の引き込みのときに使えないって言われたんだけど…
光回線が引けないってことだね。どう頑張っても使うことはできないよ!

自宅でインターネットを使うなら固定回線が一番って人も多いでしょう。その中でも光回線はつい最近まで主流だったADSLの20倍の速度。一度その高速通信を味わうと低速な回線になんて戻ることはできません。

でも、この光回線って仕組み上は超高速でも全然速度が出ない。ネットにつながらない。そんなトラブルが多いのも特徴。さらに回線自体が引けなくて、どうしようもない地域まであるんです。

今回は自宅に光回線が引けない理由と業者さんから断られた方へ代替サービスをお伝えします。インターネットが使えないからと悩むこともなくなりますよ!

光回線が引けないってどういうこと?

光回線が引けないって?

光回線が引けないってどういうこと?引き込み工事をすれば使えるんだよね?
お金を払ってムリヤリ工事をしても、光回線を使えない地域があるんだ…

光回線って提供当初は200Mbpsって微妙な物だったけど、今ではADSLの最大速度のピッタリ20倍。1000Mbpsって速さで超高速データ通信ができるのが特徴。

でも光回線の利用者が増えすぎて大手のプロバイダでは通信制限が酷くて使い物にならない。ユーザーの多い地域では毎晩ネットが使えないなんてデメリットも。一番の問題は未だに利用できるエリアが拡充しきれてないこと。

色んな問題が重なって都会なのに光回線が使えない。そんな地域もたくさんあるのが現実なんです。

光回線が引けない3大理由
  • そもそも光回線が用意されてない地域
  • 自宅が基地局から離れすぎている
  • 建物の構造上光回線を引きこめない

そもそも光回線が用意されてない地域

光回線が利用できるのは都市部を中心に光ファイバーが張りめぐらされた地域だけ。郊外ではそもそも回線が用意されてないので、引くことができません。

同じ回線を利用するユーザーが増えるほど、性能がドンドン落ちてしまう光回線。都市部での利用を快適にするための、回線増強にも手が足りてないのが現状。今用意されてない地域で今後使えるようになる望みはかなり薄いでしょう。

またCATVなどをメインに利用している地区では、光回線ではなく光ハイブリットという完全に別物のネット回線に。お世辞にも高速通信できるような物ではありません。妥協するよりも他の回線を検討した方が良いでしょう。

自宅が基地局から離れすぎている

光回線のネットワークが用意されている地域でも、基地局から離れているとまともにインターネットを使うことはできません。

スマートフォンで言えば電波が1本と圏外の間を行ったりきたりのような感じ。この状態では光回線をまともに使うことはできないので、申し込みをしても引くことができないと断られてしまうんです。

光回線のネットワークの基地局から自宅が離れている場合も、わたしたちユーザーはどうすることもできません。施設が増強するのを待つのも気が長い話になってしまうので、同じく他のネット回線を検討した方が良いでしょう。

建物の構造上光回線を引きこめない

自宅が持ち家の一軒家なら、建物の構造上光回線を引きこめないことはほとんどありません。

でも借家だったり集合住宅だったりすると追加の工事が必要。なので、管理会社の許可を取らないとダメ。さらにマンションなどの場合は回線を通すスペースがなくて、どうにもならないことも。

施工時に光回線のことなんて、しっかりと考えてなかった築年数の古い建物に多くみられる状況。さすがに当事者になったときには笑いごとで済ますことはできません。

「マンションの下までなら光回線が使えるのに…」悲観的になる気持ちもわかるけどそんなマンションでは、光回線を使っても建物の構造上速度がでないことがほとんど。

さらに同じ建物内で光回線のユーザーが多いと速度はドンドン低下するので、高い料金に見合ったサービスを受けることができません。マンションタイプには向いてないので、一軒家よりも料金が安くなってるんですね。

光回線が引けない場合はどうすれば良いの?

光回線が引けない場合はどうすれば良いの?

どう頑張っても自宅には光回線は引けないってことか…
他にも代替サービスは用意されているんだから無理して光回線を使う必要はないよ!

このように光回線がいくら速いといっても住んでる地域によっては、引けない人もいるんですよね。基地局から遠かったりマンションタイプのひかりだったりすると、引けなくはないけど速度が全然出ないってことも。

光回線のような有線接続のネット回線は絶望的ってことなので、無線接続のネット回線を選びましょう。

契約前に利用できるエリアを確認できるので、光回線のように工事日当日になって「引けません」何て言われることもありません。申し込んだのに使えないって最悪な状況も避けることができるんです。

光回線の対抗馬
  • モバイルWiFiルーターのワイモバイル
  • ホームルーターのソフトバンクエアー
  • WiMAXのホームルーターHOME L01s

モバイルWiFiルーターのワイモバイル

モバイルWiFiルーターのワイモバイルを自宅用の固定回線として使うなら、必ず使い放題オプションのアドバンスモードをつけましょう。固定回線として使うと7GBなんて本当に一瞬で使いきってしまうんです。

ワイモバイルの使い放題アドバンスモードはPocket WiFiの305ZT/502HW/504HW/603HWの4機種だけに対応。それ以外のルーターは全て月間7GBまでしか使えません。

さらにアドバンスモードは利用できるエリアが狭く、光回線が引けない地域では同じく使えない可能性も。代替サービスとしてはちょっと心細いかもしれません。

ホームルーターのソフトバンクエアー

光回線を引けないよと断られたとき、Softbankユーザーにピッタリなのがソフトバンクエアー。

仕組み的にはワイモバイルと同じようにスマホの電波を利用して、ネットにつながる便利道具。ただしSoftbank回線以外にもPHSでおなじみだったウィルコムの回線を利用するので、電波の質はあまり良くありません。

また月間の利用量による通信制限ナシ!なんて宣伝してるソフトバンクエアー。利用したデータ量による通信制限がないだけで、何もしなくても毎晩速度が落ちてしまうのは流石Softbank。期待を裏切りません。

とはいってもSoftbankユーザーには割引が大きく、設定をうまく調整すれば固定回線としても使えるレベルのソフトバンクエアー。コスパ重視なら必ず選択肢に入ってくるでしょう。

WiMAXのホームルーターHOME L01s

光回線のような有線タイプが使えないときに選ぶ無線タイプのネット回線で、最適なのは業界シェアNO.1のUQコミュニケーションズのWiMAX。

WiMAXは元々、光ファイバーを通しづらい山岳地帯でもインターネットが使えるように開発されたサービス。なので「光回線が引けない」と断られたかたには、うってつけのネット回線と言えるでしょう。

使い放題のオプションというわりには扱いづらい、ワイモバイルアドバンスモードのような縛りも一切ありません。販売中のどのルーターでも使い放題プランが利用できるし、どこでもたっぷりとネットが楽しめるんです。

料金的にもWiMAXのほうがワイモバイルよりも毎月およそ2000円安くなり、一ヶ月の支払いも2000~3000円ほどでおさまるので通信料金を節約したい方にもピッタリ。

無線のインターネットなので速度を単純に比較できません。でも2社共が使えるエリアでスピードを計ってみるとWiMAXの方が速いエリアがほとんど。これは回線そのものが速い&ルータの性能もワイマックスの方が上だから。

 

持ち運んでどこでも使えるのがWiMAXのメリットだけど、自宅だけで使うなら専用のホームルーターHOME L01sを試してください。流石専用機と言ったスペックなんです。詳しくはこの記事でおさまりきれないので詳細記事からどうぞ!

まとめ

今回は光回線が引けない理由と業者さんから断られた方へ、代替サービスをお伝えしましたがどうでしたか?

光回線が引けない理由
  • 光回線の利用ユーザー数が少ないと予想されて回線が用意されてない地域
  • 光回線は用意されているが基地局から遠く申し込みを受け付けてくれないパターン
  • 建物の立地条件や構造上、光回線を自宅まで引きこめない残念な状態

こうやって見ると光回線が引けない理由は全て物理的なもの。どれくらいの利益がでるかわからないエリアに投資するくらいならと、人口の過密地域にばかり設備投資したNTTの怠慢のせい。

今後廃止されることが決定しているADSLに代わる予定だった光回線。ユーザーが増えすぎて回線の増強も追いついてない状況なのに、ADSLのなくなる期限までに各地域に配備することはできるのでしょうか?

「いつ使えるようになるのかわからない光回線をもう待てない」

光回線が使えるようになる時期を待つよりも、ほとんどのユーザーがあてにならない状況に嫌気が指して他の手段を探すでしょう。そんな方にピッタリなのがモバイル回線。

ワイモバイルのポケットWiFi以外なら残りデータ量を気にする必要もなく、音楽や動画をたぷっり楽しむことも。それぞれの回線には特徴やデメリットがあるので、あなたが損をしないようにじっくりと比較してみてくださいね!

上記内容が【光回線が引けない。工事できない自宅はネットが使えないという絶望。】です。最後までご覧いただきありがとうございました。

続いて読まれてる記事

 

Re:kako

某家電店のフロアマネージャーとして日々働いてます。利益の為に売りたくも無い商品を売るジレンマから、本当にオススメできる通信回線だけを紹介するこのサイトを開設しました。自己紹介とサイト説明はこちらからどうぞ

-通信回線比較

執筆者:

サイト紹介&プロフィール
2018年最強ホームルーター!HOMEL01s 皆から選ばれる魅力を徹底解説
自宅でも屋外でもWiMAXを使うなら売り上げ&人気NO.1 W05の魅力!
プロバイダ&ルーターの選び方