通信回線比較

後悔しないで!一人暮らしの方がインターネットを契約する前に読むべきページ

投稿日:2017-03-22 更新日:

一人暮らしの方がインタネットを契約前に読むべきページ

今や生活必需品のインターネット。これから一人暮らしを初めるので新しくネット回線を引こうと思いませんか?

一度契約すると数年利用するものだから、慎重に選びたいけど正直どのインターネット回線を選んで良いのか分からないですよね。

そこで、当サイトに寄せられた相談、レビューの中から一人暮らしの方にオススメなネット接続方法を紹介します!

インターネット回線は基本的に2年間の定期契約です。契約期間終了前に解約すると高額な違約金が発生しますので、後々後悔しない様にインターネット回線を選んでください。

この記事ではインターネットの契約に不安を持っている方でも快適に利用できる一人暮らしの方に一番オススメなネット接続方法をお伝えします。

具体的なページ内容は

  • 4つの選択肢から一人暮らしの方にオススメする通信回線
  • インターネット回線を契約する時に注意して欲しいこと

の二つから、この記事を読めば、一人暮らしの方が後悔せずに快適なネット接続ができる方法を知る事ができます。

 

一人暮らしの方にオススメする通信回線

4つの選択肢の中から一人暮らしの方にオススメする通信回線もう何十年も昔、電話線に接続してネット接続してたらしいです。今みたいに使い放題でなく使えば使うほど利用料金が掛かってたなんて想像もできませんよね。

便利な時代に生まれて良かったなんて思いますが、逆に大変なのがネット接続方法が沢山あってどれを選べば良いのか分からない。便利な時代に生まれてきたこその、この悩み。

この便利な世の中でネットに接続できる方法は大きく分けて2つ

  • 固定回線
  • モバイル回線

この二つの内容で一人暮らしの方にオススメな接続方法は確実にモバイル回線のWiMAXです。

私は、このモバイル回線を比較するサイトと固定回線を比較するサイトを運営してますが、一人暮らしの方にオススメな接続方法、WiMAXのメリットを各固定回線(光回線、ADSL、CATV)と比較して分かりやすくお伝えします。

WiMAXのメリットをお伝えする為に

  • 固定回線は当前だけど動かせない
  • 固定回線は開通工事が必要
  • 集合住宅だと回線がパンクする可能性
  • モバイル回線とコスパで比較
  • 最大通信速度での比較
  • 複数のWiFi機器と接続する場合
  • 利用するまで実際の通信速度がわからない
  • ネット接続費を大幅に節約できる

上記8つの内容を比較して分かりやすくお伝えします。

固定回線は当前だけど動かせない

実家の一軒家でインターネット回線を利用するのなら、間違いなくお勧めは固定回線です。今なら確実に光回線をオススメします。でも一人暮らしとなると話は別。

固定回線は、その名の通り「固定」です。ネット接続は固定回線の方が安定するのは周知の事実ですが、固定なので当たり前の事ですが持ち運べません。

日常的に持ち歩くのでなく、引越しが決まっても通信回線を持っていけない=必要無くなった時に撤去費用が数万円かかるんです。

モバイル回線なら利用可能エリア内どこでも持ち歩けます。実家への里帰りや職場へも持っていけるのがWiMAXの利点です。

どこで利用できるか、自宅で利用できるか実際にWiMAXを持って行かなくても利用可能エリアを確認する事も可能です。



上記画像をクリックすると利用可能エリアが確認できます。上記画像が表示されない方は公式サイトよりご確認ください。

WiMAXエリア判定

公式サイト http://gmobb.jp/wimax/area/

ピンポイントエリアで検索する事で正確な利用可能エリアを確認する事ができます。

関連リンク 契約してからではもう遅い。WiMAXの利用可能エリアを事前に確認する2つの方法

 

今後引っ越しをする予定の方は固定回線を引くと退去時に撤去費用が掛かるかも知れない点を頭に入れておく必要があります。

固定回線は開通工事が必要

インターネット回線を利用するには、利用場所まで回線を用意する必要があります。一人暮らしだと宅内工事の際に仕事を休む必要がありますね。読者さんの話だと大家さんが立ち合いになる事もあるらしいです。めんどくさい大家だ。

自宅が借家の場合、壁に小さな穴を開ける必要がありますので勝手に穴を開けると退去時のトラブルのもとになります。場合によっては多額の補修金を請求されるかもしれません。

建物の構造上、光回線が引けない可能性もあります。

固定回線に比べて気軽に利用できるWiMAXなら、工事の手続きが必要無く契約完了後、最短翌日からネット通信が利用可能です。

開通工事までの期間

気軽に利用できるWiMAXなら、契約完了後最短翌日からネット通信が利用可能ですとお伝えしましたが固定回線は工事が開始されるまで数週間~数か月必要です。

利用開始

※光回線の申し込みの多い地域では、工事までの日数が更に長くなる場合があります

これは、固定回線ならではの悩みですが光回線を検討してる方は数か月前から工事の予約をする必要があります。

集合住宅だと回線がパンクする可能性

固定回線のパンクは集合住宅でよく起こるトラブルで、住民が同じ固定回線を利用すると、一人が大きなデータ通信をした時に周りの皆も巻き添えで通信速度が低下します。

近隣の住民の利用しているインターネット回線の種類や時間帯なんて知る方法が無いので固定回線の契約は運任せになってしまいます。

モバイル回線とコスパで比較

最近の固定回線の主流回線は光回線ですが旧主流回線のADSLも根強い人気です。

人気の理由は光回線に比べて月々の利用料金が安くコスパの良い回線だということからです。でも、今ではその料金面でWiMAXに負けてしまい現在は回線数が急激に減少しています。

 

 WiMAX   光回線   ADSL  CATV 月々の利用料金 約2000~4380円 約4000〜6500円 約3000〜5300円 約3000〜7000円

※CATVは通信速度の遅いプランを選べば月々の利用料金が安くなりますが、通信速度を速くすると光回線より高額になります

最大通信速度での比較

最大通信速度で比較をすると、一番速いのは固定回線(光回線のみ)に分があります。

 

  WiMAX       光回線 ADSL  CATV 最大通信速度 220Mbps〜440Mbps 1Gbps(1000Mbps) 1Mbps〜50Mbps 1Mbps〜200Mbps

この最大通信速度というのは理論上ネットに最高の環境で接続できた場合に出せる通信速度です。

光回線で例を挙げると、この1Gbpsは理論値なので、集合住宅などで同じ回線を複数人、例えば5人で同時に利用すると全員が1Gbpsの通信速度で接続はできません。その時の最大通信速度は約5分の1の程になります。

日常的にネット接続に必要な通信速度は5Mbps程度で充分快適に利用できます。

利用方法 必要な通信速度
サイト閲覧 1Mbps
画像が多めのサイト閲覧 2Mbps
SNS 0.5Mbps
YouTubeの標準画質の動画 0.6Mbps
ニコニコ動画の生放送 0.5Mbps
ニコニコ動画の低画質モード 0.3Mbps
ネットの利用方法で注意
ニコ生、Youtube動画配信などデータ量の大きいものを頻繁にアップロードする予定の方は、他の接続方法より高額になりますが上り通信速度の速い光回線を選ぶと安定した速いアップロードが可能です。

 

複数のWiFi機器と接続する場合

固定回線はその名の通り、回線を引いた場所でしか利用できません。ルーターを用意してWiFiを飛ばせば宅内の色々な場所で利用が可能です。

でもどんなルーターを買えば良いのか?利用機器との接続の設定方法は?色々な疑問が湧いてきますよね。

光回線の通信速度を生かすためには高額な性能の良いルーターを用意する必要があります。

また、安定した高速通信の光回線ですがWiFiを利用する事で接続状況が不安定になる場合も有ります。

このWiFI接続の不安定な接続を改善する為にはルーターのWiFI接続設定を5Ghzにして、他の電波と干渉しない様にチャンネルを変更する必要が有ります。

安価のルーターではこれが設定できません。また上記の設定作業少し難しく聞こえませんか?

これがWiMAXだとタッチパネルの操作一つで、できてしまいます。



 上記画像をクリックすると詳細な設定方法を確認できます。

5GHzの接続をするためには、下記いずれかの方法で簡単に設定が可能です。

  • クイック設定の無線LAN設定で、5GHz帯に設定
  • 本体のメニューから無線LAN帯域切替で5GHz帯に設定

また、複数端末と接続したい時もWiMAXなら固定回線のようにルーターを用意しなくても一度に10台まで同時に接続可能です。

利用するまで実際の通信速度がわからない

数か月待って固定回線の工事が決まり、ネットに接続をする時に意外と起こるトラブルが「思ったより通信速度が出ない」

当サイトにも色々と相談がきますが、回線が繋がるまでは実際の通信速度は分かりません。高額な開通工事の費用を払ったのに実際は使えないレベルの遅さだったら後悔しか残りませんよね。

これは、WiMAXでも同じことが言えます。先ほどお伝えしたピンポイントエリア判定が〇でも実際に利用しないと通信速度は分からない。やはりインターネット回線を契約するのは少し不安になりますよね。

そんな方にオススメできるのがWiMAX独自の長期お試しサービス。

どこでも持ち歩けるモバイルWiFiルーターとしての性質上、色々な場所で試用できるので無料期間が長いのはユーザー目線のサービスだと言えます。

お試し期間が最長20日間

契約するプロバイダで無料キャンセルの期間が異なりますが、当サイトからのお申込み件数NO.1のGMOとくとくBBなら全プロバイダ最長の20日間以内なら、WiMAXを実際に利用する事が可能です。

無料キャンセルの条件

この長い無料キャンセルの期間が設けられているのに、無料キャンセルの条件は「ピンポイントエリア判定が「◯」の方で通信速度や利用エリアに不満がある方」これだけです。

無料キャンセル 条件

こんな方にオススメ
WiMAXの利用を検討されてる方は一度上記の無料キャンセル期間を利用してお試し試用をしてみる事をオススメします。WiMAXの利用が快適だった方は追加の手続きなく、そのまま利用が可能です。

 

一人暮らしのネット接続費を大幅に節約できる

これまで、固定回線よりWiMAXの利用を一人暮らしの方へオススメする理由をお伝えしましたが、利用すると得られる大きなメリットがもう一つあります。

この自宅でも外出先でもインターネットを楽しめるWiMAXを利用するとスマホのパケット代を大幅に節約する事が可能です。

ドコモ 利用料金 ウルトラデータLLパック(30GB) 8,000円 ウルトラデータLパック(20GB) 6,000円 データMパック(標準)(5GB) 5,000円  ドコモデータSパック(2GB) 3,500円

日常的に利用するスマホのデータ通信代金は毎月通話料金と一緒に支払っていますので、意外と気付きませんがデータ通信代金をいくら支払っているかご存知ですか?

月に定額のデータ量を越えてしまうと各携帯会社から通信制限を受けてしまいます。通信制限を受けてしまうと、とても使い物にならない通信速度になってませんか?

この制限を解くためには1GB1000円程度で追加購入する必要があります。WiMAXなら月間の速度制限が無いので無制限に利用が可能です。

日本で一番契約者の多いドコモで例えますとパケット代金は2GB3500円~30GB8000円となっていますがWiMAXなら約2000円~4380円で月々のデータ通信量を気にすることなく利用が可能です。月々の利用料金は契約するプロバイダで大きく変わってきますので後で分かりやすくお伝えします。

ポケットに入るほどのサイズでどこでも持ち歩けるWiMAXならスマホと一緒に持ち歩けますのでスマホのパケット契約を解約、又は最小のプランへ変更するとその差額だけで、家でも外でもネットが無制限に利用できるWiMAXを手に入れる事ができます。

パケット代金を安く

 

auのスマホを利用している方へ

auユーザーがWiMAXを契約してスマートバリューmineを申し込むとauの携帯電話代金が毎月最大934円値引きされます。

これは、auの大元KDDIの子会社UQコミュニケーションズがWiMAXの通信回線を管理してるからなのですが、これを利用するとauユーザーは、とてもお得にネット接続が楽しめます。

 

自宅では必要ない家賃や食費、光熱費の掛かってくる一人暮らし少しでも節約できるものは節約したいですよね。

上記内容が一人暮らしの方へモバイル回線のWiMAXをオススメする理由となります。

 

契約する時に注意して欲しいこと

一人暮らしの方に契約する時に注意してほしい事一人暮らしの方へオススメできるWiMAX。月間通信制限を気にせずに使える便利な物ですが、勿論デメリットもあります。オススメするからには良い面も悪い面もお伝えすべきと考えてますので続いてデメリットをお伝えします。

通信速度制限

このWiMAX、7GBまで利用できる通常プランと無制限に利用できるギガ放題プランを選べます。

利用料金の差は600円程でネットから申し込む方の95%以上がギガ放題プランを選んでいます。

このギガ放題プラン月間通信制限は無制限ですが、3日間で10GB以上利用すると翌日の18時から翌々日の2時まで通信速度が1Mbpsに制限されてしまいます。

3日間で10GB以上を分かりやすくお伝えするとスマホでYouTubeを約56時間以上視聴すると通信制限を受けます。

通信速度後の通信速度1MbpsでYouTubeの標準画質の動画をストレスなく見る事が可能です。

関連リンク 3日間10GBの速度制限を受けずに出来る事と1Mbpsで出来る事

3日間で10GB以上利用しないと速度制限を受けませんので、実質速度制限が無いような物ですが、動画実況など大容量のデータ通信を考えている方はご注意下さい。

 

契約するプロバイダで月々の利用料金が全然違う

WiMAXも契約する時に固定回線と同じようにプロバイダを一つ選ぶ必要が有りますが、契約するプロバイダで月々の利用料金が全然違います。

普通に契約すると契約先は、CMをバンバン流しているWiMAX本家のUQコミュニケーションズか、大手家電量販店でWiMAXを契約する事になると思います。でもちょっと待ってください。

家電量販店との比較

※@niftiとSo-netの月額の利用料金が同じなのに二年間総額が違いますが、これは誤りでは無いのでご安心ください。契約後0ヶ月~2、3ヶ月間特別料金で利用できるプロバイダが有り、これを加味した合計額で表示してます。大手家電量販店では端末代金が20000円から0円になる代わりに有料オプションに入る必要がある場合があります。上記比較は各大手家電量販店の平均値ですので、この価格より10000円程前後する場合があります。

上記画像は、ネットでWiMAXを安く契約できるプロバイダ上位三社と実店舗の料金比較ですが、圧倒的にネット販売店の方が料金が安い結果となっています。

私も初めてのWiMAXを契約する時に大手家電量販店で契約して後々後悔する事になりました。

これからWiMAXを契約される方には同じ思いをして貰いたくないので契約するプロバイダで月々の利用料金が大幅に変わってくることをデメリットとしてお伝えしています。

プロバイダの利用料金

画像の利用料金は執筆時の料金です。現在のキャンペーン内容を知りたい方は、下記公式サイトよりご確認ください。

大手全プロバイダの中でも、業界最大キャッシュバックが貰える GMOとくとくBB
初めてのWiMAXでも安心。困った時の有料サポートが一年間無料 www.so-net.ne.jp
クレジットカードが無くても契約&口座振替でWiMAXが利用可能 BIGLOBE WiMAX 2+

一人暮らしの方に一番オススメなインターネットまとめ

上記内容が一人暮らしの方に一番オススメなネット接続方法となります。

最後に簡単に記事内容をまとめます。

一人暮らしの方に一番オススメなネット接続方法がWiMAXになる理由

一人暮らしの方にオススメ
  • 固定回線は引越しの際に撤去費用が掛かるけどWiMAXなら次の転居先でも実家でもポケットに鞄にいれて持ち運び可能
  • 固定回線は開通工事が必要だから、一人暮らしだと宅内工事の際に仕事を休む事が必要。WiMAXなら宅配便を受け取るだけで開通
  • WiMAXと固定回線の利用料金を比較すると圧倒的にWiMAXがお得
  • 複数のWiFi機器と接続する場合固定回線はルーターを用意する必要があるけど、WiMAXなら端末一つで10台までワンタッチで接続可能
  • 固定回線は利用するまで実際の通信速度がわからないけど、WiMAXなら20日間無料でお試しができる。
  • 高額なスマホのパケット代金の代わりにWiMAXを持ち歩くことでネット接続費を大幅に節約できる

 

面倒な工事が必要無く利用料金も安いWiMAXは家の中でも、屋外でも気軽にネット接続を楽しみたい方にオススメです。契約したらすぐに届くのも利点ですね。

私は光回線を解約しスマホのデータプランを最安値のものに変更してWiMAXのWX03を利用してますが月々のネット代金が8720円安くなりました。

まずは、利用できるかをピンポイントエリアで確認し〇が出た方は、お試しで一度WiMAXの良さを試してみる事をオススメします。

お試し方法まとめ

GMOとくとくBBではWiMAXにご満足いただけない場合、お申込みから20日以内であれば違約金無料でキャンセルが可能です(ピンポイントエリア判定が「◯」のみ対象です。)

GMOとくとくBBエリア判定
キャンセル説明ページ
GMOとくとくBB公式ページ

 

申し込み方法が分からない方下記の関連リンクをご確認ください。

関連リンク 2017年度版WiMAXのお得な契約方法まとめ

 

上記内容が「後悔しないで!一人暮らしの方がインターネットを契約する前に読むべきページ」となります。最後まで読んでいただき有難うございました。

 

 

Re:kako

某家電店のフロアマネージャーとして日々働いてます。利益の為に売りたくも無い商品を売るジレンマから、本当にオススメできる通信回線だけを紹介するこのサイトを開設しました。自己紹介とサイト説明はこちらからどうぞ

-通信回線比較

執筆者:

サイト紹介&プロフィール
2018年最強ホームルーター!HOMEL01s 皆から選ばれる魅力を徹底解説
自宅でも屋外でもWiMAXを使うなら売り上げ&人気NO.1 W05の魅力!
プロバイダ&ルーターの選び方